FC2ブログ

シュウメイギクが花盛り


庭のあちこちから顔を出して来るのでまとめるのが大変ですが
この季節にはどうしても必要な花ですね

DSC_0006_(3)_convert_20200926150648.jpg
八重で濃いピンクのシュウメイギクも咲きましたが  ピンあま デス!



DSC_0059_convert_20200922171122.jpg
頭の先にいつまでも花を残しているヤナギラン 
秋の陽をあびてここだけ ピーター・アウドルフのフアイブ シーズンズの
世界のよう 

ワレモコウ ピンクタンナ


植えた覚えのない可愛いワレモコウが風に揺れている♪
調べるとワレモコウ”ピンクタンナ”です 初めて見ました

DSC_0001_convert_20200926150048.jpg
長く地中で眠っていたのか、小鳥の落とし物なのか、、
こんな楽しい出会いは大歓迎です!ラッキー!!





サラシナショウマ


サラシナショウマ  秋の花です

DSC_0035_(2)_convert_20200920164104.jpg
漢字は晒菜升麻 升麻と名のつく植物はたくさんあるけど
升麻の意味は?調べてみます

DSC_0030_convert_20200920163904.jpg
秋になると咲く花もだんだん少なくなります 
だからミツバチも必死です!

追記  サラシナショウマ属の数種類の根茎を生薬として用いる際の名が升麻と
     呼ばれるとの事です  ふむふむ すぐ忘れそう^^


これが花?

DSC_0054_convert_20200922170706.jpg
センボンヤリの秋の花 閉鎖花です
う~む花の定義って難しいわぁ


こちらが春に咲いたセンボンヤリの花
花の終わりは残念ながら確認していません

DSC_0049_(2)_convert_20200922170552.jpg
名前の由来はこの秋の花から来ているらしい

DSC_0057_convert_20200922170912.jpg
冠毛 

所謂雑草?わざわざ鉢植えの価値なし?
ま、いいでしょう、勉強にもなったしね!

秋は少しずつ


メイゲツソウ
葉っぱが一枚色づき始めました

DSC_0038_convert_20200920164222.jpg
ニリンソウの葉

DSC_0118_convert_20200918152552.jpg
ツキヌキニンドウの実
パラボラアンテナみたい


シュウメイギク

ようやく北海道も涼しくなってきました
花も秋の花がお目見えです

シュウメイギクなら好みは一重の花なんですが最近は少なくなってしまったわ

DSC_0129_(2)_convert_20200911134345.jpg

DSC_0133_convert_20200911134413.jpg

ヒルガオ


私の愛読書「身近な雑草のゆかいな生き方」ではーアサガオだけには負けたくないーと
サブタイトルがついている”ヒルガオ”
本によると、ヒルガオは古くから日本に自生し容花(かおばな)として愛でられていたのに
大陸から渡ってきたアサガオが 江戸時代になると一代ブームを巻き起こし
容花はヒルガオと呼ばれるようになってしまった

が、優しい顔をしながらじつはヒルガオはしたたか!
アサガオは夏が過ぎると枯れる
ヒルガオも地上部は枯れるけど地中深くで生き続けるのです

DSC_0083_convert_20200905135421.jpg
しつこい雑草として嫌われる事が多いけど私はこの薄っすらとした
優しい色合いのピンクの花が好きなのです
厄介者になるかも知れないけど育ててみたいわぁ

このヒルガオは近所のマンションのフェンスからはみ出ていたのを
チョット手折って来ました  もう少し欲しいなと思い再び行ってみると
なんと綺麗に刈られていました!あらま、、、でも、、、来年にはまたきっと、、、

キレンゲショウマと、、、


かわいい蕾だったキレンゲショウマが咲きました

DSC_0111_convert_20200905140632.jpg
肉厚の花びらでこれ以上は開きません
色も花の形も華やかではないけど風に揺れる姿には和みます


さて、気がかりだった蛾シンジュサン
DSC_0088_LI_convert_20200905135833.jpg
去年は存在を知らなかったので、発見した時には十数頭が対になって
辛夷の木からぶら下がっていました(気味が悪かった!!)
今年はずっと注視していたのですが見つけたのはこれ一頭のみ
対になって卵を産み付ける前に放水して追い払いました
それから数日経ったけど新たに姿は確認していません

今年のシンジュサンとの戦いはこれで終わったのかしら?
そうならいいけど、、、あまい?