Top Page > 陶工房晴の花の器

Memo

2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12
08.05 Tue

もう暫くお休みします

色々事情が重なって只今、パソコンの使用を止めております。が、いつか復活するつもりではありますので その時はまたどうぞよろしくお願いいたします。
先日の江別やきもの市も都合で急遽キャンセルしてしまいました。楽しみにして下さった方々、申し訳ございませんでした。後半のイベントも不参加になると思いますが、陶芸の制作はボチボチ継続しています。こちらもイベント復活の折にはどうぞよろしくお願いいたします。ではまた、お会いできる日を楽しみに、ごきげんよう、さようなら(携帯より投稿)
04.06 Sun

お休みします

このところ何かと忙しく、気忙しく、思うように
仕事も進まぬ日々を過ごしております。
このパソコンもまだWindowsXPのまま。
どのパソコンにしてどう接続したら良いのか
何も準備できないうちにサポートも終了してしまいそうです。
なので少し落ち着くまでこのブログもお休みしようと
思います。
6月のイベントのお知らせまでには何とか間に合わせようと
がんばってみます。
その時にはまたどうぞよろしくお願いいたします(^_^)/~
03.20 Thu

ゴロンと、、、

窯小屋の屋根の雪降ろしをしたあと、数日後にまた大雪。
気にはなっていたのだけどなかなか行けなくて、、、
昨日、ようやく様子を見に行くと大きな雪のかたまりが
小屋の横にゴロンと落ちていた! 
、、、電線は大丈夫、ほっ。
P2014_0317_120730.jpg

イベントが近づいてきました。

「北から暮しの工芸祭」
2014.3.19(水)~23(日)11:00~19:00
札幌駅前地下歩行空間(チカホ)

陶工房 晴は22(土)・23(日)のみの参加です。
出展場所は憩いの空間EASTです。
お待ちしております!


03.15 Sat

困った時の、、、

なかなかブログ更新出来ないときのために編集しておいた、、、
訳ではないけれど、困った時のデジブック頼みです。




03.07 Fri

今年初のイベント

久しぶりのイベントのお知らせです。

「北から暮しの工芸祭」
2014.3.19(水)~23(日)11:00~19:00
札幌駅前地下歩行空間(チカホ)

陶工房 晴は22(土)・23(日)のみの参加です。
出展場所は憩いの空間EASTです。
ぜひ足をお運び下さいね。

なお、毎年参加していた大通美術館で開催の「環境と芸術の作家展」は
(11日~16日に開催します)都合により不参加です。
よろしくお願いいたします。
02.28 Fri

雪降ろし

ブログの更新がだんだん遅くなる今日この頃ですが・・・
窯小屋の屋根の雪降ろしに行ってきました。
ki
おっと、電線があぶない!
今日来て良かったわ~
yu
気温はそれほど低くなかったのですが、風が強く
華奢な私は(嘘です)屋根の上から飛ばされそうだったので
途中でしたがやめました。
時々親切な‘畑のおじさん’が下から雪を突いて落として
くれるのですが、怪我でもされたら大変なので
それにも間に合って良かったわ~


02.19 Wed

針金の花

この季節は好みの花を手に入れるのは難しい、、、
なので細い針金で一筆書きのような花を作ってみました。
ちょっと子供っぽいけどなんだか楽しい♪

DSC_0299_convert_20140220084414.jpg
どんどん出来ます。
02.13 Thu

フリージア

春を呼ぶ花、フリージア。
花の色がきれいに出ないし、写真はいまひとつだけど
とてもいい香りです。
hu
あ~それにしてもひどいピンアマ!
01.29 Wed

アマニュウかシシウドか?

この枯れ枝はアマニュウかシシウド、もしかしたらヨロイグサ?
DSC_0210_convert_20140129142324.jpg
思えば若い頃、こんな枯れ枝なんかに目もくれなかったのに
いつのまにか、年とともにこういう枯れ物にひかれるようになったワ

01.22 Wed

愛用の湯のみ

DSC_0191_convert_20140118133528.jpg
どれも手に入れてから少なくとも30年は愛用の湯のみとマグ。
すべて化粧土が掛かっているので(コーヒーも入れるから)沁みや
汚れがついてしまったし、口元はもうボロボロに欠けています。
、、、だけどどうしても捨てられない。

それぞれの作者はかなりの大御所になっているし、
当時もいいお値段だったのが(昔の焼き物は高かったような気がする)
捨てられない理由の一つなんだけど、、、
なぜかこれらの湯のみでお茶やコーヒーを飲むとなんだか「ほっ」と
するのです。
長旅からようやく自宅へ戻ってきた感じ、
遠慮のいらない友人と過ごしている感じ、
おかしな表現だけど私にとっては”気のおけない”湯のみなのです。
それに器を作る私にとってとてもいいお手本になっているのです。
気は遣わないけどこれからもずっと大切にしようと思います。

あ、それから、湯のみとして手に入れたけど”気のおけない”ビアマグや
ぐいのみに代わった器もしっかり戸棚に並んでいます(^^