Top Page > 2012年11月

Memo

2012 101234567891011121314151617181920212223242526272829302012 12
11.29 Thu

落ち葉を

DSC_0313_convert_20121129152236.jpg
DSC_0316_convert_20121129152345.jpg
11.22 Thu

ここは北国

前回までは南国の話題でしたが、一変、一昨日の冷たい雪が
あらためてここは北国だと認識させられ、、、というほどの事でも
ないけど(笑)それにしても急に寒くなりましたね。
みなさま、風邪など引きませぬように。
DSC_0286_convert_20121122121657.jpg
DSC_0287_convert_20121122121739.jpg
おなじみの粋ふようさんのイベントです。
私も参加しています。
DSC_0291_convert_20121122121834.jpg
クリスマスのプレゼントをみつけにいらして下さい!!
11.18 Sun

アンコールワット らすと

最終日はトレンサップ湖クルーズ。
雨季と乾季では3~4倍に大きさが変わる湖で(雨季には琵琶湖の
10倍以上の広さ)400種類もの魚が捕れます。
DSC_0246_convert_20121113214117.jpg
ここでの水上生活者が100万人以上、、、!
彼等はこの湖の水を飲料水として利用している。
なのになんとトイレは垂れ流し!!衛生状態は最悪です。
おまけに蛇を首にまいた子供が小さな船でクルーズに近づき
物乞いをします。
DSC_0238_convert_20121113213813.jpg
トレンサップ湖ばかりでなく、観光客のいる場所には必ず子供達が
絵はがきやTシャツ、ストールなどを手に「1ドル、1ドル」と
言いながら群がってきます。中には写真のようにこんな
小さな子供もいます。

カンボジアの長きにわたる戦争、内戦の繰り返しがいまだにこんな
子供達を作り出しているのです。

DSC_0103_convert_20121113213126.jpg
連日32℃以上湿度もかなり高かったはずですが、おかげさまで
心配していた熱中症にもならず、格安ツアーのわりには食事も
豪華で(お醤油たらしたいなぁっていうのもあったけど)今回は
予想以上の充実の旅でした。

もし、語学力と度胸があったらそしてもう少し若かったら>(笑)カンボジアを一人で自由に歩いてみたいな!!!

おわり
11.17 Sat

アンコールワット つづき

DSC_0215_convert_20121113220830.jpg
タ・プロム(梵天の古老)
長い間ジャングルの中に放置されていたため倒壊し巨大な根に
遺跡がからまれています。
巨木な根のほかに内戦、盗掘、蟻が倒壊の要因という事です。

DSC_0249_convert_20121117110451.jpg
DSC_0258_convert_20121117111148.jpg
DSC_0272_convert_20121117110847.jpg
アンコール王朝最古のロリュオス遺跡群
ここは焼きレンガと漆喰がメインに使われています。
DSC_0221_convert_20121117111302.jpg
アンコール遺跡周辺はほとんどが赤いレンガ土で、
小さなレンガ工場のような建物も多くみかけました。
                       、、、つづく

なんだかパソコン(もうすぐ10年目になる)の調子がおかしいです。
最後まで更新できるか心配。 

11.16 Fri

アンコールワット つづき

DSC_0147_convert_20121113212351.jpg
十数年前の元日の朝、NHKの番組でみた朝焼けに映える
アンコールワットの映像が忘れられなかったのです。
今回ようやくその場所に立つことが出来ました。
DSC_0143_convert_20121115232655.jpg
し、しかし、、、すごい人でした!

アンコールワットは
西の正門から第一回廊、十字回廊、第二回廊、第三回廊、
中央祠堂と回ります。

神話の壁画が続くのですが、ガイドさんの解説を聞いていると写真は
撮れないし、写真を撮っていたら置いてかれるし、メモもとれないし
いやはやまったく、、、なのでここは省略。

驚いた事に第二回廊に日本人が落書きをしていました。
DSC_0079ya_convert_20121115235043.jpg
1632年、日本人の森本右近太夫が残した落書きです。
インドの寺院と誤認したという説明でした。
矢印の下に黒字で森本***その斜め下には(日本)帝國と読めます。
すごい!!
あ、もちろん今は落書きは許されませんよ!

アンコール遺跡には美しい女神と天女のレリーフがたくさんあります。
DSC_0209_convert_20121113220656.jpg
タ・プロム(梵天の古老)にあった女神、、天女かな?
DSC_0177_convert_20121113213305.jpg
バンテアイ・スレイ(バンテアイは「とりで」スレイは「女」)の女神。
「東洋のモナリザ」といわれています。
作家アンドレ・マルローが美しさに目がくらみ盗み出そうとしたレリーフ。
彼はのちにフランス文化大臣になったそうな、、、?
高さ1m位のこのレリーフのある建物は地盤が悪く、もう近くへ寄る事ができません。
もう少しUPで撮りたかったわ。

                         、、、つづく
11.14 Wed

アンコールワットへ

念願の旅がついに叶いました。
行ってきました、アンコールワット!!
DSC_0070_convert_20121113211943.jpg
ただ現地まで添乗員なしの格安ツアーなので
シェムリアップでガイドさんを見つけるまでは正直不安で一杯でした。

飛行場に降り立つと南国の熱気と湿気と何かのハーブの香りに
むせ返りそう。無事現地のガイドさんとも合流でき
いよいよ遺跡めぐりの旅がはじまります!

初日はまずアンコールトムへ。トムとは大きいという意味。
DSC_0014_convert_20121113235028.jpg
南大門
DSC_0013_convert_20121114003109.jpg
南大門の前にならぶ神と阿修羅。こちらは神。 
DSC_0044_convert_20121113212728.jpg
バイヨン 大乗仏教の寺院で49体の巨大な四面仏塔が立っています。
DSC_0048_convert_20121113212833.jpg
ピミアナカス 王族の菩提寺として建てられました。
DSC_0051_convert_20121113220431.jpg
カンボジア人のラックさん。
上手な日本語でユーモアたっぷりのガイドさんです。
地面にアンコールトムの図を描いて説明してくれました。

                        、、、つづく

11.05 Mon

秋の庭

庭の花もそろそろ終わりですが、
毎回、イベントの度に色々お花を用意して下さるEさん宅のお庭には
まだまだたくさんのかわいい花が秋の風にゆれています。
お邪魔してまた頂戴しました。
どちらの花も清楚で可憐ですが、名前はわからない(Eさんも^^)

DSC_0785_convert_20121027170715.jpg
前々回の赤青黄色の実もです。
Eさん、いつもいつまでもありがとうございます!