Top Page > 2017年05月

Memo

2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06
05.29 Mon

ヒメシャガ2種とモクレン

葉っぱも色も違うけど二つとも”ヒメシャガ”です
DSC_0157_convert_20170529202238.jpg

DSC_0160_convert_20170529202400.jpg


DSC_0196_convert_20170529202001.jpg
今頃木蓮。しかも花はたった一つ。

05.28 Sun

これが”しらゆきげし”です


先日”サンギナリア・カナデンシス”という長い名前の花と間違っていた
”しらゆきげし”です。

・・・ピンアマです・・・
オートフォーカスのレンズを探してはいるのですが(中古でね)


DSC_0041_(1)_convert_20170526133237.jpg
”ルイヨウショウマ”
ショウマ類の中では(ここでは)一番早く咲きます。
もうすぐキレンゲショウマ、サラシナショウマ、レンゲショウマが咲きます。
ハムのショウ、ショウタ、ショウヘイも咲き乱れてほしいワ。
05.28 Sun

ちょっと不気味な花とあぶない花



DSC_0097_(1)_convert_20170528144953.jpg

マムシグサ 
初めてこの花(?)を目にした時はギクッとしたけれど
慣れると何だかカワイイと思うこともあるワネ。

DSC_0023_(2)_convert_20170527171651.jpg
アツモリソウ
20年以上前に母が知り合いの園芸店で手に入れたアツモリソウ。
7,8年前までは10株以上花をつけていましたが、今は2株のみ。
私はどうしてもこれは不気味な花の部類に入れてしまいます。
その気持ちを察しているかのように年々数を減らしていきます。
でもこれは希少植物なんですよね~  フクザツ。
DSC_0027_convert_20160823160410.jpg
トリカブト
これは去年の写真。根に猛毒を持つ危ない植物なので 昨秋、全部抜いたはずなのに
また、ニョキニョキ出てきました。が、花芽はついていません。今年も根こそぎ絶やします。
05.27 Sat

目立たない花


コマユミ
5㎜くらいの小さな花です。花の横に伸びる翼と呼ばれる小さな半球がカワイイ。
秋には赤い実がはじけます。

DSC_0059_convert_20170525203046.jpg
さて、このハート型の葉っぱの下にはどんな花が咲いているのでしょう。

DSC_0044_(1)_convert_20170526150022.jpg
”フタバアオイ” 双葉葵 直径1㎝くらいの不思議な形の花です。

DSC_0049_(2)_convert_20170526150119.jpg
咲き始めの姿

DSC_0050_(1)_convert_20170526150304.jpg
後ろ姿
 
DSC_0040_(1)_convert_20170526145923.jpg
双葉葵は地面すれすれに咲いているので撮影は困難。
なので花器に挿して撮りました。

05.26 Fri

白ヤマブキとエゾグンナイフウロ

DSC_0074_convert_20170526133531.jpg
白やまぶき。
山吹色でないけどやまぶき。

DSC_0013_(3)_convert_20170526133101.jpg


DSC_0022_(2)_convert_20170526143656.jpg
エゾグンナイフウロ
この花の色をうまく出せないのが悔しい。レンズのせいか、色温度のせいか、、、
青みを帯びたピンクの花です。小学館の「色の手帖」で調べるとオーキッドかライラック色。
微妙な心惹かれる色合いです。

DSC_0028_(5)_convert_20170526132703.jpg
逆光で撮影。花の色は濃すぎますが。


05.26 Fri

オダマキ、スノーフレーク、クロユリ


苧環とスノーフレーク

DSC_0067_convert_20170526132309.jpg
後ろには黒百合と黄花の黒百合が。

DSC_0034_(1)_convert_20170526132117.jpg
「黒百合は恋の花」と昔の歌にありますが、悪臭がするので
英語には「スカンクリリー」と別名があります。
あらま、国によってずいぶん扱いが違いますこと。

DSC_0075_(1)_convert_20170526132513.jpg
黄花の黒百合。
黄色いのに黒百合とはこれ如何に。


05.25 Thu

小さな可愛い花


マイズルソウ

DSC_0063_(1)_convert_20170525202719.jpg
ユキザサ  おひたしで食べるとあずきの香りがするので
アズキナとも言われます。

DSC_0048_(1)_convert_20170525202420.jpg
ラナンキュラス ゴールドコイン

05.24 Wed

ツツジいろいろ



DSC_0068_convert_20170524170253.jpg

DSC_0090_convert_20170524170056.jpg

DSC_0077_(2)_convert_20170524170206.jpg
”イソツツジ”これだけは知ってます。
05.24 Wed

情けない姿に


去年まで元気に咲いていた”ハナズオウ”
今年は遅いなあと思っていたら、、、枯れた?

DSC_0020_(1)_convert_20170524160701.jpg
下の方に申し訳程度に花をつけた。う~ん、アブナイ。


DSC_0107_convert_20170524161140.jpg
”ケマンソウ”
普通ならぷっくりと金魚のような愛らしい姿のはずが
何だかクシャっとしている。何があったの?


05.21 Sun

更紗どうだん

ツツジです。漢字は更紗満天星、もしくは更紗灯台。
DSC_0013_(2)_convert_20170521165240.jpg


DSC_0075_convert_20170521165822.jpg


DSC_0097_(1)_convert_20170521165942.jpg
紅更紗どうだん。

いやはや、どれもピンアマですみません。
05.21 Sun

イカリソウいろいろ

イカリソウ 碇草
”イカリソウ”はなかなかいいアングルが決まらない。



DSC_0087_convert_20170521161008.jpg


DSC_0192_convert_20170521161402.jpg


DSC_0203_(2)_convert_20170521161826.jpg
優しい色あい。もっと上手く撮ってあげたいけど、、、

DSC_0060_(2)_convert_20170521160803.jpg
これも”イカリソウ”らしい、、、なぜか葉っぱが見当たらないのです。
調査継続中。

05.19 Fri

ニチニチソウ


日日草  ここにはこの青紫の花しかないのですが
他に赤やピンク、白があります。
なかなか繫殖力旺盛で茎をグングン伸ばして陣地を広げていきます。
05.19 Fri

ヤマブキとヤマブキソウ


"ヤマブキ"
バラ科ヤマブキ属落葉低木

DSC_0181_convert_20170518144120.jpg
”ホソバヤマブキソウ”
ケシ科ヤマブキ属もしくはクサノオウ科多年草
ヤマブキの他にヤマブキソウがあるなんて知らなかったワ。
「みんなの花図鑑」のおかげです。
05.18 Thu

ミヤマナナカマド

DSC_0007_convert_20170518172354.jpg
ミヤマナナカマドの花です。背丈は1メートルほど。
ナナカマドは7回窯でたいても焼けないと言われているけど
意外と簡単に焼けると言う説も? 試してみようかな。

足元にはニョキニョキと
DSC_0122_(1)_convert_20170513224217.jpg
元気な一人静が咲いてます。

05.18 Thu

白い水仙もう一つ


誰も植えた記憶のない白い水仙が一輪咲きました!
小ぶりで中心部の副花冠がふりふり。
05.18 Thu

バイモユリ・チングルマ・ジュリアン


ひっそりとバイモユリが咲いています。漢字は貝母ユリ。

DSC_0201_convert_20170518144220.jpg
チングルマ。去年植えたばかりなのでまだ一輪しか咲いてません。
しかも花びらは不揃いです。穂は渦巻になるかも。

DSC_0070_convert_20170517115051.jpg
ひっそり系の後は鮮やかに。サクラソウ科のジュリアンです。
05.14 Sun

白い水仙


種類までは分からないけどたくさん花をつけました。
白い鳥が羽を広げたように美しい花です。
05.13 Sat

花桃とハタンキョウ


花桃  青空に映える紅色の花。
花数は少な目です。今年は梅酒も花桃酒も諦めますわ。

DSC_0049_convert_20170509210203.jpg
ハタンキョウ 漢字は巴旦杏。
ようやく花がつくまでに成長しました。実はなるかな~
05.11 Thu

判明しました!!

しらゆきげしと勘違いしていた花の名前、判明しました。

サンギナリア・カナデンシス 
ケシ科  カナダの名花だそうです。
知り合いの花博士に教えてもらいました。

DSC_0057_convert_20170505143309.jpg
これも名前が分からなかったのでついでに教えてもらいました。
メギ科  アメリカタツタソウ  アメリカ北東部産

DSC_0143_(2)_convert_20160630135642.jpg
種はこんな形になります。

いつもは「みんなの花図鑑」で教えてもらっていたのですが、
今回は回答がなく、、、なので花博士にお尋ねしました。
即回答、さすがです。ありがとうございました。
05.11 Thu

花は地味だけど

DSC_0020_convert_20170509205921.jpg
カリンズ。和名は赤フサスグリ。
緑色で5,6㎜の小さな花。今は目立たないけど夏には
まるで宝石のように美しい赤い実になります。

DSC_0025_convert_20170509205957.jpg
実を食べると酸っぱいけれど、ジャムにすると美味しいです。



DSC_0032_convert_20170509210435.jpg
こちらはグミ。漢字は茱萸。
長さ2㎝に満たないくらいの小さな花です。
こちらも楕円の赤い実がつきます。 食べるとシブイ…です。
たぶんジャムは無理だと。
05.10 Wed

ヒトリシズカと八重咲のイチリンソウ


一人静。
名前からすると、ひっそり一、二輪で咲いているイメージですが、
なんの元気であちこちにニョキニョキと顔を出してきます。

二人静はもう少しあとに。でも、近年は急激に数を減らしています。
こちらは心配。

DSC_0015_convert_20170509205820.jpg
八重咲のイチリンソウです。
もう少しすると中心部がこんもりして来ます。
05.09 Tue

サンカヨウ

楽しみにしていた”サンカヨウ”の花が咲きました。


DSC_0048_convert_20170509205602.jpg
毎年、葉っぱばかりが大きくなってガッカリしていたのですが
今年は清楚な花をつけてくれました。
本当は山深くでひっそりと咲いているのが似合うでしょうけど。

DSC_0197_convert_20160630140102.jpg
去年の葉っぱの写真です。

05.09 Tue

訂正

DSC_0752_convert_20170505001059.jpg
先日、この花を”しらゆきげし”と紹介しましたが、間違えていました。
大変失礼いたしました。
いま、調べているのですが、まだ名前は判明していません。
わかり次第お知らせいたします。


05.08 Mon

イワヤツデ、シソバキスミレ


イワヤツデの蕾

DSC_0004_convert_20170507170927.jpg
目立つ花ではないけど、思いがけない場所から顔を出す
なかなか逞しい花です。

DSC_0022_convert_20170507170625.jpg
シソバキスミレ。これも逞しいはずなのにだんだん数が減ってきたワ。
05.07 Sun

シャクナゲ


忘れていました。この”シャクナゲ(石楠花)”もツツジの仲間です。
05.07 Sun

つつじ3種類

”つつじ”は種類が多く、また”さつき”もつつじの仲間で同じ様な花を
つけます。なので名前を調べる気が起きず・・・
DSC_0121_convert_20170506151456.jpg





DSC_0119_convert_20170506151031.jpg
これは知ってます。”クロフネツツジ”です。
05.06 Sat

しらねあおい、二輪草、黄花のカタクリ


毎年消えてはいないかと心配の”しらねあおい”
今年も咲いてくれてほっとました。
が、この花は白花と言われて購入したのですが、
まだら模様?  でも いいですよ、これも。

DSC_0072_convert_20170505143502.jpg
二輪草。三輪咲くのもあるけど二輪草^^

DSC_0093_convert_20170506150814.jpg
黄花のカタクリ。原産地は北アメリカ。
これは丈夫で消えて無くなる心配はありません。


05.05 Fri

シデコブシ、レンギョウ、桜


シデコブシ(ヒメコブシ)
フィギュアスケートのコスチュームのような花びらが
風にゆらゆら。

DSC_0028_convert_20170505194929.jpg
レンギョウ。漢字は連翹。これもムズカシイ…

この木は剪定しすぎて情けないほど花の数が少ない。トホホです。

他にも剪定失敗は梅の木も。今年の梅干し、梅酒は諦めました...

DSC_0060_convert_20170505194600.jpg
桜も葉が茂って来ると花の色が少し濃くなりました。
DSC_0061_convert_20170505194719.jpg
今日も風が吹いて花びらがチラチラ舞い落ちる。うつくしい~ワ。



05.05 Fri

えんれいそうと、おおばなのえんれいそう、 さんかようの蕾

DSC_0046_(2)_convert_20170505143055.jpg
えんれいそう(延齢草)

DSC_0010_(2)_convert_20170505142912.jpg
おおばなの延齢草


加工なしのおおばなの延齢草。
野草の逞しさ、おおらかさ、そして優美さも。グッときます。

DSC_0043_convert_20170505150842.jpg
つ、つぼみが付いている!!!
ここ数年、葉っぱだけだった”さんかよう”に何と蕾が付いてます!
いつ咲くのかなあ~♪

05.05 Fri

こぶしの花も満開


二日続いた好天でこぶしの花がいっきに開きました!
去年は10個ほどしか花をつけなかったのに、3月に少し剪定したのが
良かったのか今年は見事に咲き誇ってくれました。
樹も切られると危機感をおぼえて花をたくさん付けるのかしらね。

DSC_0752_convert_20170505001059.jpg
しらゆきげしも花が開きました。
こちらの花の命は短くて 1,2日で散ってしまいました。

*追記、ごめんなさい、この花はしらゆきげしではありませんでした。
調べていますが、まだ名前は判明してません。

DSC_0781_(2)_convert_20170505003615.jpg
たつたそう。地味だけど花は長生きだったような…?