Top Page > 2017年07月

Memo

2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08
07.31 Mon

ヤマハギ


ヤマハギ


DSC_0224_convert_20170730173540.jpg
マメ科ですって。花は確かに豆の花ですね。
07.30 Sun

ヤブカンゾウ


ヤブカンゾウ    ちょうど見頃で次々と花を咲かせます。

同じユリ科に黄色い花の”エゾキスゲ”があります。優しい立ち姿に
惹かれます。でもなかなか出会えないのです・・・
07.30 Sun

白花のキョウカノコ


シロバナキョウカノコ    紅花が咲き終えた頃に白花が!
線香花火のように綺麗です。


DSC_0207_convert_20170730172821.jpg
07.23 Sun

ネムノキ

DSC_0196_convert_20170723160738.jpg
ネムノキ   合歓の木   大雨の次の日、気付いたら満開!
大急ぎで二階の窓からパチリ。
風当たりのいい場所なのか、いつ見ても枝が揺れていて撮影がたいへんです。
07.23 Sun

ガクアジサイ


ガクアジサイ    白い花は装飾花です


DSC_0190_(1)_convert_20170723153502.jpg
中央は両性花。よーく見ると可愛くけなげに咲いています。
07.18 Tue

ホタルブクロ


ホタルブクロ


DSC_0118_(2)_convert_20170718132342.jpg
昨日の雨で、咲き終わりの白い花に水滴ついていました。
う~ん、もっと透明感を表現したかった、、、力不足です。
07.18 Tue

ヤナギランとカライトソウ


ヤナギラン  風に揺れる姿は優雅です。


DSC_0079_convert_20170718132104.jpg



DSC_0153_(1)_convert_20170718132456.jpg
カライトソウ  直立しない花なので撮影に苦労しますワ。
07.14 Fri

ホザキシモツケとアスチルベ


ホザキシモツケ


DSC_0088_(2)_convert_20170714144828_convert_20170714150524.jpg
アスチルベ   和名は乳茸刺(チダケサシ)

以前はこの二つの花、区別がつかなかったワ。
07.14 Fri

ナツツバキとアジサイ

まさに「夏!」の組み合わせ

ナツツバキ   今年は残念ながら花数が少ないのですよ。
右下の葉はネムノキ。花はこれからです。


DSC_0097_convert_20170714144726_convert_20170714153512.jpg
アジサイ   淡いブルーの花。






07.13 Thu

ミソハギ


ミソハギ  語源は「禊(ミソギ)ハギ」とか「溝ハギ」とか 

DSC_0054_convert_20170713205115.jpg
一つ一つの小さな花は6弁の花びら。色も形もカワイイ。
07.11 Tue

訂正しました

DSC_0049_convert_20170624230534.jpg
この花をリキュウバイと紹介していましたが、八重のバイカウツギでした。
相変わらずの早合点と思い込みの私です。
大変失礼いたしました。
07.11 Tue

ウコンウツギ、ツクバネウツギ、サラサウツギ、ハコネウツギ

DSC_0007_(1)_convert_20170711151752.jpg
ウコンウツギ   このウツギが一番早く咲きました(5月初旬)


DSC_0227_convert_20170711152031.jpg
ツクバネウツギ  花の付け根に羽根のようなガクがあるのでこの名前が。


DSC_0061_convert_20170711151439.jpg
サラサウツギ  アリンコのサイズから花の大きさを推測して下さい。



ハコネウツギ  毎日少しずつ紅くなります。

DSC_0013_(1)_convert_20170711151217.jpg
もう少し楽しめそうです。









  
07.07 Fri

キリンソウとドクダミ

DSC_0203_convert_20170707161442.jpg
キリンソウ 麒麟草  背丈は10センチくらいなんですけどね。
もとは黄輪草から来ているらしい。それなら納得。

DSC_0006_convert_20170707161929.jpg
ドクダミ   私は好きです!    
07.07 Fri

オトギリソウとヒペリカム


オトギリソウ  漢字は「弟切草」とちょっと怖い。
背丈20~30センチ 2センチほどの小さな花です。


DSC_0160_convert_20170702141914.jpg
ヒペリカム  これもオトギリソウ科なので似ています。
背丈50~60センチ  花も3センチくらいで赤い実をつけます。


DSC_0071_convert_20170702141608.jpg


DSC_0199_convert_20170707163749.jpg

07.06 Thu

オカトラノオとヒメオカトラノオ


オカトラノオ  繫殖力がまあ旺盛だこと!
抜いても抜いても顔を出す!好きな花だから許すけど
狭い庭なんだから困ります。
そうだ!大曲の窯小屋の横が空き地だ!あそこならのびのびと
咲かせられる、、と悪い事を考える。


DSC_0386_convert_20170706155229.jpg



DSC_0169_convert_20170706155354.jpg
姫オカトラノオ  こちらは弱々しくて毎年芽が出るまで心配です。
花姿はどちらかと言えばクガイソウに似ています。


DSC_0190_convert_20170706155443.jpg

07.06 Thu

バイカウツギが・・・・・


大好きな”バイカウツギ”がこんな哀れな姿になってしまった、、、
老木なのでしょうがないのですが、虫がついてしまったようです。


DSC_0179_convert_20170706160204.jpg
花もいつもの3分の一くらいの大きさです。
来年は期待できないかも・・・・・
07.03 Mon

ヒメオドリコソウとニワフジ


ヒメオドリコソウ  畑ではフツーに雑草として抜かれてしまう
かわいそうな花。
ヒメでない白のオドリコソウもあったけど消えてしまった・・・


DSC_0155_convert_20170703222810.jpg
ニワフジ  白のニワフジはまた今度。
07.02 Sun

キョウカノコ

DSC_0147_convert_20170702142206.jpg


DSC_0144_convert_20170702142034.jpg
キョウカノコ  艶やかなピンクの花です。
名前の由来は京都で染めた「鹿の子絞り」の事。
鹿の班のような模様を並べたピンクの絞り染めに似ている事から。

この花の葉っぱですが、大きさといい、配置といい、絶妙なバランスなのです。
全体像を撮ってアップしたいのですが、なかなか上手くいきません。
07.02 Sun

タマシャジン、カンパニュラ、タツナミソウ


 咲いてからの変化が面白い”タマシャジン”


DSC_0103_convert_20170702132227.jpg
カンパニュラ  花の色が強烈で繫殖力も旺盛!


DSC_0099_(1)_convert_20170702132055.jpg
だからちょっと優しく加工してみました。


DSC_0124_convert_20170702132524.jpg
タツナミソウ  背丈も10~12㎝の目立たない花ですが、よく見ると
面白い花の形です。