Top Page > その他 > アンコールワット つづき

Memo

2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
11.16 Fri

アンコールワット つづき

DSC_0147_convert_20121113212351.jpg
十数年前の元日の朝、NHKの番組でみた朝焼けに映える
アンコールワットの映像が忘れられなかったのです。
今回ようやくその場所に立つことが出来ました。
DSC_0143_convert_20121115232655.jpg
し、しかし、、、すごい人でした!

アンコールワットは
西の正門から第一回廊、十字回廊、第二回廊、第三回廊、
中央祠堂と回ります。

神話の壁画が続くのですが、ガイドさんの解説を聞いていると写真は
撮れないし、写真を撮っていたら置いてかれるし、メモもとれないし
いやはやまったく、、、なのでここは省略。

驚いた事に第二回廊に日本人が落書きをしていました。
DSC_0079ya_convert_20121115235043.jpg
1632年、日本人の森本右近太夫が残した落書きです。
インドの寺院と誤認したという説明でした。
矢印の下に黒字で森本***その斜め下には(日本)帝國と読めます。
すごい!!
あ、もちろん今は落書きは許されませんよ!

アンコール遺跡には美しい女神と天女のレリーフがたくさんあります。
DSC_0209_convert_20121113220656.jpg
タ・プロム(梵天の古老)にあった女神、、天女かな?
DSC_0177_convert_20121113213305.jpg
バンテアイ・スレイ(バンテアイは「とりで」スレイは「女」)の女神。
「東洋のモナリザ」といわれています。
作家アンドレ・マルローが美しさに目がくらみ盗み出そうとしたレリーフ。
彼はのちにフランス文化大臣になったそうな、、、?
高さ1m位のこのレリーフのある建物は地盤が悪く、もう近くへ寄る事ができません。
もう少しUPで撮りたかったわ。

                         、、、つづく