Top Page >

Memo

2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06
05.21 Sun

イカリソウいろいろ

イカリソウ 碇草
”イカリソウ”はなかなかいいアングルが決まらない。



DSC_0087_convert_20170521161008.jpg


DSC_0192_convert_20170521161402.jpg


DSC_0203_(2)_convert_20170521161826.jpg
優しい色あい。もっと上手く撮ってあげたいけど、、、

DSC_0060_(2)_convert_20170521160803.jpg
これも”イカリソウ”らしい、、、なぜか葉っぱが見当たらないのです。
調査継続中。

05.19 Fri

ニチニチソウ


日日草  ここにはこの青紫の花しかないのですが
他に赤やピンク、白があります。
なかなか繫殖力旺盛で茎をグングン伸ばして陣地を広げていきます。
05.19 Fri

ヤマブキとヤマブキソウ


"ヤマブキ"
バラ科ヤマブキ属落葉低木

DSC_0181_convert_20170518144120.jpg
”ホソバヤマブキソウ”
ケシ科ヤマブキ属もしくはクサノオウ科多年草
ヤマブキの他にヤマブキソウがあるなんて知らなかったワ。
「みんなの花図鑑」のおかげです。
05.18 Thu

ミヤマナナカマド

DSC_0007_convert_20170518172354.jpg
ミヤマナナカマドの花です。背丈は1メートルほど。
ナナカマドは7回窯でたいても焼けないと言われているけど
意外と簡単に焼けると言う説も? 試してみようかな。

足元にはニョキニョキと
DSC_0122_(1)_convert_20170513224217.jpg
元気な一人静が咲いてます。

05.18 Thu

白い水仙もう一つ


誰も植えた記憶のない白い水仙が一輪咲きました!
小ぶりで中心部の副花冠がふりふり。
05.18 Thu

バイモユリ・チングルマ・ジュリアン


ひっそりとバイモユリが咲いています。漢字は貝母ユリ。

DSC_0201_convert_20170518144220.jpg
チングルマ。去年植えたばかりなのでまだ一輪しか咲いてません。
しかも花びらは不揃いです。穂は渦巻になるかも。

DSC_0070_convert_20170517115051.jpg
ひっそり系の後は鮮やかに。サクラソウ科のジュリアンです。
05.14 Sun

白い水仙


種類までは分からないけどたくさん花をつけました。
白い鳥が羽を広げたように美しい花です。
05.13 Sat

花桃とハタンキョウ


花桃  青空に映える紅色の花。
花数は少な目です。今年は梅酒も花桃酒も諦めますわ。

DSC_0049_convert_20170509210203.jpg
ハタンキョウ 漢字は巴旦杏。
ようやく花がつくまでに成長しました。実はなるかな~
05.11 Thu

判明しました!!

しらゆきげしと勘違いしていた花の名前、判明しました。

サンギナリア・カナデンシス 
ケシ科  カナダの名花だそうです。
知り合いの花博士に教えてもらいました。

DSC_0057_convert_20170505143309.jpg
これも名前が分からなかったのでついでに教えてもらいました。
メギ科  アメリカタツタソウ  アメリカ北東部産

DSC_0143_(2)_convert_20160630135642.jpg
種はこんな形になります。

いつもは「みんなの花図鑑」で教えてもらっていたのですが、
今回は回答がなく、、、なので花博士にお尋ねしました。
即回答、さすがです。ありがとうございました。
05.11 Thu

花は地味だけど

DSC_0020_convert_20170509205921.jpg
カリンズ。和名は赤フサスグリ。
緑色で5,6㎜の小さな花。今は目立たないけど夏には
まるで宝石のように美しい赤い実になります。

DSC_0025_convert_20170509205957.jpg
実を食べると酸っぱいけれど、ジャムにすると美味しいです。



DSC_0032_convert_20170509210435.jpg
こちらはグミ。漢字は茱萸。
長さ2㎝に満たないくらいの小さな花です。
こちらも楕円の赤い実がつきます。 食べるとシブイ…です。
たぶんジャムは無理だと。